2016年10月20日

「日本法政学会シンポジウム ご案内」

拝啓 爽秋の候、皆様におかれましては、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は、本学に多大なるご理解・ご協力を賜り、感謝いたします。

本学にて11月26日(土)に日本法政学会を行い、谷岡一郎理事長先生に「研究・調査における学者の倫理」というテーマで基調講演を行って頂きます。

ご著書『科学研究とデータのからくり』にもさまざまに貴重な提言がなされていますが、より具体にご講演頂きます。

それを受けて、橋本大二郎先生(武蔵野大学 元高知県知事・ニュースキャスター)「情報源の秘匿と情報公開」、橋爪慶人先生(東大阪徳洲会病院院長 )「個人情報等の保護-医療現場で困窮する倫理面での問題点-」、金川めぐみ先生(和歌山大学)「情報の提供・開示の在り方における現状と課題-社会福祉研究者としての視点から」のご報告があります。

参加されている方々と議論を深め、学際的な提言をしたいと存じます。詳細は、別紙をご参照くださいませ。

当日、一般の方専用の受付を設けますが、事前申し込みなしで自由にご参加頂けます。13時30分から受付開始し、14時開催までは待機していただく休憩室を準備いたします。ぜひ、ご参加くださいますよう、ご案内差し上げます。なお、お車でのご来場はご遠慮ください。

今後とも、本学にご支援のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。末筆ながら、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。

敬具

 大阪女子短期大学   学長 星野智子

当日案内詳細はこちら

LINEで送る

backtotop