2017年10月22日

【重要】台風21号接近に伴う授業の取扱いについて

台風21号接近に伴う23日(月)の授業の対応については下記のとおりとなりますので、ご確認ください。

◎大阪府下に暴風警報が発令された場合、授業等は以下のとおり取り扱うものとします。

(1)午前7時までに暴風警報が解除された場合は、平常どおり授業を行うものとします。

(2)午前10時までに暴風警報が解除された場合は、3時限目から授業を行うものとします。

(3)午前10時を過ぎても暴風警報が解除されない場合は、終日休講とします。

◎交通機関の運行停止の場合

・近鉄南大阪線が運行停止

・大阪市営地下鉄、JR西日本(大阪環状線)、阪神電車、京阪電車、阪急電車、南海電車の2つ以上が全面的に運行停止

(1) 午前7時までに運行が再開された場合は、平常どおり授業を行うものとします。

(2) 午前10時までに運行が再開された場合は、3時限目から授業を行うものとします。

(3) 午前10時を過ぎても運行が再開されない場合は、終日休講とします。

※交通機関の延着により授業に遅刻する場合は、その交通機関の降車駅で延着証明をもらってください。

※その他通学できない場合は、事務局まで連絡してください。

※学生の居住地域(大阪府以外含む)や通学経路に警報発令(特別警報含む)がされ、交通機関の運休等により通学が困難となり、授業に出席できない場合は、速やかにその旨を事務局まで連絡してください。 また、授業中に警報発令(特別警報含む)された場合、学生の安全面の確保から帰宅等に支障がでないよう、下校の指示を出す場合があります。

LINEで送る

backtotop