キャンパスライフ
CAMPUS LIFE

学生生活サポート

学生相談室や健康支援室は、キャンパスライフをバックアップしてくれる心強い味方。 先生との距離が近くなるオフィスアワー制度や一人暮らしサポートなども充実しています。

  • オフィスアワー制度

    学びも進路も学生生活も、頼りになる先生にいつでも相談

    学生が本学の専任教員に、学修や進路、学生生活等についての相談や質問を個別に質問できる時間です。 この制度を利用し、積極的に教員の研究室等(教員により滞在場所が違います)を訪ねてください。

  • 学生相談室

    学生のさまざまな悩みにプロのカウンセラーが対応

    勉強や将来の悩み、友達に相談しにくかったり自分ひとりで判断できない問題などを、 カウンセラーの先生に相談できる部屋です。先生が親身になってあなたの話を聞き、問題解決方法を一緒に考えてくれます。

  • 健康支援室

    急なケガや病気にも安心。心身ともに健康な学生生活を

    ケガや疾病に対する応急処置をはじめ、定期健康診断の実施、健康管理のためのさまざまな 指導・アドバイスを行っているのが、健康支援室です。また、友人などとの対人関係や恋愛、将来の進路、体調などの 悩みについて、カウンセラー(臨床心理士)に相談することもできます。個人の秘密は厳守しますので、 一人で悩まず気軽に相談にきてください。

  • 学生教育研究災害傷害保険

    万一の事故や災害から学生をしっかり守ります

    本学は「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。①正課の授業②学校行事③①②以外で 学校施設にいるとき④学校施設外で届け出た課外活動を行っている⑤通学、帰宅中および学外施設への移動中 等の範囲で災害事故が起こった場合、学生は補償を受けることができます。

学生生活で困ったときは

学生のみなさんの毎日の学生生活が楽しく実りあるものになるように、さまざまなバックアップをしています。 困ったときには、一人で悩まず教職員に相談し、一緒に解決していきましょう。

大学からの掲示・連絡

大学からの行事予告・告示・通達・伝達等の連絡事項は、特別な場合を除いて、すべて掲示によって通知します。

  • 掲示場所

    • エントランス広場掲示板は、学生共通とグリーンセミナー用になっています。
    • グランドフロア(地階)のロッカー室横およびエレベーター前の掲示板は、対象科・専攻別と全科共通に分けています。 全科共通の掲示は全学生に関わっていますので、必ず見るようにしてください。
  • 掲示を見る習慣

    • 登・下校時には、必ず目を通してください。
    • 一度掲示した事項は、全学生に周知したものとみなします。見落とし等は本人の責任となります。
    • 掲示は必要により随時行います。変更があったと思われる場合は、まず掲示を確認してください。
    • 友人が病気などで休んだ時は、代わって見て連絡してあげましょう。

    ※掲示を見なかったために生じた不都合や不祥事に対する責任は、当該学生が負うことになりますので注意してください。

  • 掲示期間

    • 掲示期間を明記しています。期限の過ぎたものに関しては撤去します。

こんなときは?

  • 交通機関がマヒしたり警報が発令された際には

    交通機関の運行停止や、台風などの緊急事態による授業の取り扱いは、つぎのとおりです。

    • 交通機関の運行停止
      • 近鉄南大阪線が運行停止した場合
      • 大阪市営地下鉄、JR西日本(大阪環状線)、阪神電車、京阪電車、阪急電車および南海電車が運休した場合
      ※ただし、近鉄南大阪線が運行しており、大阪市営地下鉄およびJR西日本(大阪環状線)のうちいずれか 1交通機関と、阪神電車・京阪電車・阪急電車・南海電車のうちいずれかの 1交通機関の合わせて2交通機関が運行された場合は授業を行う ものとします。
    • 台風等による暴風警報発令(大阪府下)

      ※原則としてその他の天候等(大雨、洪水等)による警報発令は該当しませんが、交通機関不通の場合は上記 「交通機関の運行停止」の取り扱いに準じます。その他の状況により、休講とする場合もあります。
    授業の取り扱い
    • 交通機関運行停止又は暴風警報がAM7:00までに運行再開・解除された場合は、授業を平常どおり実施します。
    • 交通機関運行停止又は暴風警報がAM10:00までに運行再開・解除された場合は、1・2・3時限の授業を休講とし、 4時限目から実施します。
    • AM10:00を過ぎても交通機関運行停止又は暴風警報が運行再開・解除されなかった場合は、終日休講となります。
    注意事項
    • 交通機関運行(停止)及び暴風警報発令(解除)は、テレビ・ラジオ報道で確認してください。
    • その他通学できない場合は、事務局教学課に届け出てください。
    • 利用交通機関の延着により授業に遅刻する場合は、必ずその交通機関の降車駅で延着証明をもらってください。
  • ケガや体調不良の場合は

    2号館G階に保健室(健康支援室)があります。学生の皆さんの健康を保持し増進させていくことを目的として、 不測時のケガや疾病に対する応急処置をはじめ、定期健康診断の実施や健康管理のためのさまざまな指導・アドバイスを 行っています。体調がすぐれない時はもちろん、さまざまな相談に応じていますので、遠慮なく来室してください。

    開室時間

    平日AM8:30~PM5:00
    土曜AM8:30~PM1:00

  • アルバイトを探したい時は

    アルバイトの求人があれば、掲示板に掲示します。労働条件を確認の上、希望に沿うものがあれば事務局まで 申し出てください。

  • 拾得・紛失・盗難

    学内での拾得物は、必ず事務局に届けてください。また、紛失・盗難にあった場合は速やかに事務局に届け出てください。 ※届けられた拾得物は、事務局で保管しています。

  • 学びや進路、学生生活の相談を先生にしたい場合は

    学修や進路、学生生活等についての相談や質問を個別に質問できる「オフィスアワー制度」を利用し、 積極的に教員の研究室等を訪ねてください(教員により滞在場所が違います)。

  • カウンセラーの先生に相談したい時は

    勉強や将来の悩み、友達に相談しにくかったり自分ひとりで判断できない問題などを、カウンセラーの 先生に相談できる「学生相談室」があります。先生が親身になってあなたの話を聞き、問題解決方法を 一緒に考えてくれます。

  • 万が一の事故や災害が起きたら

    本学は「学生教育研究災害傷害保険」に加入しています。

    ①正課の授業
    ②学校行事
    ③ ①②以外で学校施設にいるとき
    ④学校施設外で届け出た課外活動を行っている
    ⑤通学、帰宅中および学外施設への移動中
    等の範囲で災害事故が起こった場合、学生は補償を受けることができます。

  • キャンパスガイドについて

    毎年配布される『キャンパスガイド』には、上記以外にも「年間スケジュール」や「学費相談」、 「施設利用」、「アルバイト」、「キャリアサポート」など、学生生活に必要な情報がたくさん記載されています。必ず目を通すようにしましょう。

    2016-2017年度
    CAMPUS GUIDE

ハラスメント防止について

ハラスメントとは、相手の意に反した言動で相手の学業意欲・労働意欲を低下させてしまう行為を指します。 本学では全学をあげて、ハラスメントの防止に取り組んでおり、学内に相談窓口も設けています。プライバシーは 守られていますので、ハラスメントを受けたり、またそのような状況を見聞きしたり不快な思いをすることがあった 場合はひとりで悩まずに相談してください。

ハラスメントは次のような行為を言います
  • セクシュアル・ハラスメント
    「性的ないやがらせ」 許可なく身体に触れる、性的な発言をする、女性ということで低い扱いをするなど、 性的な言動や性差別によって相手の人格を傷つけることです。
  • アカデミック・ハラスメント
    「研究の場で起きるいやがらせ」 大学・短大のような研究の場で起こりやすく、いやがらせによって特に学習や研究、 資格取得や卒業を妨害することです。
  • パワー・ハラスメント
    「権力によるいやがらせ」 地位や職務上の権限を不当に利用して、いやがらせや不適切な言動を継続して行い、 就労に支障をきたすことです。
相談窓口

ハラスメント防止委員会(専用E-Mail:stop-harassment@osakajyosi.ac.jp)
事務局 (ハラスメント防止担当者)tel: 072-955-0733
健康支援室 (養護教諭・カウンセラー)

backtotop