学科・専攻・コース
DEPARTMENT

生活科学科 食物栄養専攻 栄養士コース 学びの特長

おいしく、楽しく、健康的な食事で周りを幸せに!

食は命のもと。元気と健康の源であり、人生最大の楽しみの一つです。栄養バランスのとれた食生活は私たちの健康を育み、病気を未然に防ぎます。本コースでは、おいしく、楽しく、健康的な食生活をサポートできる栄養士を育成。学生食堂のメニューの考案、学内外のコンテストへの参加、さらには、藤井寺市と連携し、地域の小学校や中学校で食育活動を行うなど、実践的な教育を展開。充実のカリキュラムで、栄養を考えた「献立を組み立てる力」、調理師たちと協力し合って食事を作れる「コミュニケーション力」、栄養の知識をわかりやすく伝える「プレゼンテーション力」を養成します。食で多くの人を幸せにできる、社会的ニーズの高い栄養士への一歩をここから踏み出しましょう。

栄養士コースで学ぶこと

調理

包丁の持ち方や野菜の切り方、味つけの方法など、調理技術を基礎からしっかり修得。豊富な実習で、実際に和洋中の料理を作りながら、給食の大量調理にも対応できる調理技術を身につけます。

栄養学

食品に含まれる栄養素の働きを知り、健康的な生活を送るために必要な食事を考えます。また、食と病気の関係を学び、食事療法や食事による病気の予防法なども学習します。

栄養指導・食育

料理教室や調理実演などを通し、地域での栄養指導や子どもへの食育の方法を学びます。食と健康についてよくわかるポスターや資料をつくるためのスキルやプレゼンテーション能力も磨きます。

食ビジネス

食の新商品開発、レストランのプロデュース、テーブルコーディネートなど、食におけるビジネスに必要な力を身につけます。フードコーディネーターの資格取得も可能です。

将来活躍できる進路

病院

入院している患者さんのために、病状に合わせて栄養バランスを整えた食事を作ります。

福祉施設

高齢者施設では、食べやすさも考えた食事を提供。献立作成から発注、調理、盛り付けなどを行います。

学校・保育所

小中学校や保育所、幼稚園などの給食を担当します。子どもたちの成長に欠かせない食育なども行います。

事業所

企業などの社員食堂で、社員の健康管理につながる食事を提供します。おいしさも重要なポイントです。

食品関連企業

食品メーカーなどで、新商品の開発を行うほか、販売・事務といった仕事もあります。

外食産業

健康や栄養バランスを考えたメニューの開発や製造を担当。サービス部門でも活躍できます。

卒業時に取得できる免許・資格

01 栄養士免許(国家資格)

厚生労働大臣指定の養成施設で2年以上の教育課程を修了し、食や健康に関する技能と知識を修得した証です。

02 フードスペシャリスト

食に関する高度な知識と技術を身につけ、快適な食空間をコーディネート。さらに、消費者の苦情処理もできる専門職に与えられる資格です。

03 フードサイエンティスト(食品科学技術認定証)

食品に関する科学的な技術や知識を身につけ、食品関連のスペシャリストとなったことを証明する資格です。

04 社会福祉主事任用資格

地方自治体の福祉事務所などに勤務する際に必要な資格。一部の福祉施設では、この資格が求められることがあります。

取得をめざせる資格

フードコーディネーター

食の商品・メニュー開発、レストランプロデュース、食のイベントなど、フードビジネスの最前線ですべてに関わり、コーディネートする「食の専門家」としての証です。

管理栄養士

栄養士よりも高度な知識を持ち、複雑な献立作成や栄養指導を行います。病院や福祉施設などで、病気の人への栄養指導や個人の体の状態に合わせた栄養指導ができる国家資格です。

管理栄養士になるには?
本学卒業後、栄養士として3年の実務経験を積むか、管理栄養士養成課程の4年制大学に編入して卒業することで管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。受験をめざす卒業生のために、試験対策のサポートも随時行っています。
backtotop