学科・専攻・コース
DEPARTMENT

教育システム

よく身につく!もっと学べる!独自の教育システムに注目。

2年間でしっかりと学んで、教養や専門知識・技術を身につけてほしい。それが女子短の願い。 そのために、一つひとつの授業を集中して学べる4学期制・45分授業を採用しています。 独自の教育システムで学びに最適な環境を整えています。

45分授業

5分休憩で、授業に集中できる環境を作ります。
45分授業大学の授業は、一つの科目につき週1回90分が基本。しかし、90分間ずっと集中力を保つのはとても難しいもの。 せっかくの授業も、集中できなければ身につきません。そこで、女子短では45分授業+5分休憩+45分授業をワンセットにして授業を実施します。 あいだに必ず5分間の休憩を入れることで(5minute リフレッシュシステム)、しっかりと授業に集中できる環境を作ります。
45分授業

4学期制

必要な学びを最適な時期に! 柔軟なカリキュラムを実現。

多くの大学で導入されているセメスター制は、1年間を2学期に分け、前期と後期でそれぞれ単位がとれる仕組みです。 女子短では、このセメスター制をさらに細かく分け、4学期制を採用します。じっくりと時間をかけて学ぶ科目はⅠ学期+Ⅱ学期 (前期)、Ⅲ学期+Ⅳ学期(後期)と通じて授業を行い、資格取得など短期集中で学びたい科目は1学期分で完結する。 そんな効果的な学びが可能となります。

4学期制 4学期制

将来の夢・目標を見つけ、実現する方法を学びます。

教養とは、社会生活に必要な幅広い知識のこと。教養を身につけられるのは短期大学ならではです。 全専攻・コース共通で「一般科目」「総合科目」「基礎科目」を用意し、文章を書く力や数字を分析する力、社会を読み解く力、 成長を続ける力などを養います。また、将来の自分について考え、就職活動に備えるキャリア系の科目も充実しています。

  • 一般科目

    心理学、文学、芸術など賢い女性として身につけておきたい教養を学びます。 興味や好きから学びを深め、自ら考え、判断できるようになるための知識やものの見方を養います。

    • 女性学
    • 心理学
    • 文学
    • 芸術
    • 英語コミュニケーション
    • スポーツ
    • 体育理論
    • 日本国憲法
  • 総合科目

    女性としての視点も交えながら、現代経済や国際社会、健康科学など各分野に関連する時事的問題を取り上げ、一般常識を身につけます。

    • 総合教養(現代経済)
    • 総合教養(国際理解)
    • 総合教養(現代社会)
    • 総合教養(健康科学)
    • 総合教養(日本文化)
  • 基礎科目

    大学での学びを充実させ、「自分らしいキャリア」を計画・実現していくために必要な知識を学びます。

    • 情報リテラシと倫理
    • 学習リテラシ(生活数学)
    • 学習リテラシ(文章表現)
    • 基礎英語
    • キャリアデザイン演習
    • 就業とキャリア
    • データ処理基礎
    • マルチメディア基礎
backtotop