学科・専攻・コース
DEPARTMENT

幼稚園教諭・保育士養成コース 学びの特長

子どもの成長を支える確かな知識と、
豊かな感性を育みます。

未来を担う子どもたちを社会全体でどう育てるか、ということは現代社会の大きな課題。その中心的役割を担うのが、保育のスペシャリストである保育士や幼稚園教諭です。本コースでは、教員が学生一人ひとりに寄り添って指導を行う少人数制で、人の気持ちがわかる豊かな感性を持った保育者を育てます。学内には藤井寺市と提携した「地域子育て支援研究所」を設置。乳幼児とその親が集い、交流できる場所として地域に開放されており、子育て支援の現場を日常的に体感できます。卒業後は、保育所・幼稚園はもちろん、福祉施設や子ども関連の企業など、幅広い分野で活躍できるための力を育てます。

幼稚園教諭・保育士養成コースで学ぶこと

子どもの育ち

子どもの育ちを支えるための知識を修得します。子どもの発達段階、保育・教育のあり方を学び、保育、幼児教育、福祉の理念について理解を深めます。

子どもの遊び

音楽、図画工作、体育などの専門的な技術を身につけるとともに、子どもの発達に即した多様な遊びを展開するための実践的な指導力を養います。

子どもの理解

学外実習などを通じて、保育・教育の実際を学びます。子どもの心に寄り添うことや保護者との恊働など、総合的な子どもの理解をめざします。

将来活躍できる進路

幼稚園

3歳から小学校入学前の幼児の心身の発達を助ける学校。保育者は先生として幼児の保育を担当します。

保育所

0歳〜就学まで保護者が十分に行えない子育てをサポート。生活習慣の習得や遊びを通じて育ちを支えます。

認定こども園

保護者の働き方によらず乳幼児を受け入れ、教育・保育を一体的に行い、地域の子育て支援をにないます。

乳児院

さまざまな理由で家庭での養護を受けられない乳児を養育する施設。個々の子どもに適切な養育を提供します。

児童養護施設

保護者がいないなどの理由で養護が必要な児童を養護する施設。児童の心身の成長と自立を支援します。

託児施設・幼児教室

最近注目の病児保育や職場・店舗内の託児施設などが活躍の場。子どもと保護者の多様なニーズに応えます。

卒業時に取得できる資格

01 幼稚園教諭2種免許(国家資格)

学校教育法に基づく、幼稚園の教諭となるための免許です。子どもの健やかな成長を援助し、その心身の発達を促します。また、家庭や地域における幼児期の教育の支援もします。

02 保育士資格(国家資格)

厚生労働大臣の指定する保育士を養成する大学などで取得できる資格です。子どもに関する専門知識・技能などを、所定の課程・科目を通じて修得することで保育士資格をめざします。

03 社会福祉主事任用資格

本来は地方自治体の福祉事務所などに勤務する際に必要な資格ですが、一部の福祉施設では相談員や指導員を採用する際に、この資格の保持を条件にしているところがあります。

公立園受験対策
公立の幼稚園や保育所で働くためには、各市区町村の公務員採用試験を受験する必要があります。多くは専門科目や一般教養、小論文などの筆記試験、音楽などの実技試験、面接などが行われます。本学では、希望する学生に対策講座を開き、受験をサポートしています。
backtotop